希望通りの健康診断代行業者を探す方法

従業員の健康増進や管理に欠かせないのが、定期的な健康診断です。法の改正により、企業はより一層従業員が満足して働くことができる環境を提供しなければなりませんが、それにより担当部署に関しては業務が煩雑になり頭を悩ませているのが現状です。ですが、年々健康診断業務をアウトソーシングする企業が増え、それに伴い健康診断代行事業に参入する業者も増えてきています。医療機関とのやり取りから健康診断結果のデータ化や請求業務まで、健康診断に関する1から10までを代行しサポートしてくれます。勿論費用は掛かりますが、手間のかかる業務から解放されるだけではなく、従業員の健康管理もしっかりとおこなえる代行サービスを利用しない手はありません。従業員の福利厚生の一環としても検討する価値のあるものと考えます。

健康診断を代行業者に委託する際は事務代行だけでなく受診率を上げる事にも気を配る

単に健康診断の事務的業務部分を代行業者に委託するだけではなく、従業員の健診受診率を上げ、健康管理と増進に貢献してくれるアウトソーシング会社にお願いしないと意味がありません。どのような作業代行サービスを提供してくれ、どのように従業員の健康管理のサポートをおこなってくれるのか。そのバランスが重要になってきます。コールセンタースタッフのスキル、結果処理能力、清算や請求業務の迅速さ、個人情報管理の徹底など代行業者に求めることは多数出てきます。業務の煩わしさから解放されるというだけでなく、従業員の健診率をあげ、健康への意識向上の促進に繋げることのできる優良な代行業者を選ぶことが企業自体の健康を維持できることにもなり、コスト削減や生産率アップにも大いに役立ってくれることでしょう。

健康診断結果は「数値」ではなく「個人情報」を代行業者に任せているということを忘れずに

業務を委託するということは、企業情報や個人情報を第三者に託すことです。個人情報を取り扱うにあたり、業務委託をお願いしようとしている健康診断代行業者が、適正な個人情報保護体制を整えているか、個人情報を取り扱うスタッフの管理や指導がなされているかを充分に確認する必要があります。面倒でも数社の見積もりや企業実績など、しっかり確認と納得したうえで契約に至りましょう。また健康診断業務を代行業者に業務移行した旨は、従業員に周知と理解を求めることもとも重要です。今の時代、健康診断受診促進の連絡や予約確認の電話が不審者扱いされかねません。健康診断結果は単なる数値ではなく個人情報です。信頼できる代行業者の選別と、従業員が安心して健康診断を受けることができる環境を作りましょう。