効率良く代行業者に健康の診断依頼するための方法を徹底解説

企業に勤めている全ての従業員が受けなければならないと法によって定められている、心身ともに健康であるかどうかの定期的な診断ですが、事業者や組合といった団体へ向けたサービス業の一つとして、代行サービスがあることをご存知でしょうか。病院への予約手配や清算に関するあらゆる手続き、健診結果の取りまとめなどの業務を請け負ってくれるサービスです。関連する全ての業務を任せることが可能で、その他にも診断の結果を元に、それぞれの健康状態についてデータの管理をしたり、健康状態の改善を目指す為にアドバイスを受けられるなど、受診した後の窓口も任せられるサービスもあります。このように、代行サービスは需要に合わせた検査項目の設定や申し込み窓口の設置など、必要に応じて選び利用することが可能です。

代行を依頼すると得られるメリットとは?

最近よく話題となっている、長時間の労働による健康問題を改善する動きや働きやすい環境を作る為の改革は、残業時間を減らすなど職場の労働環境を変えるだけではなく、社員の健康を管理することも大事な課題の一つです。積極的に社内の環境をよくしたいと考えている企業は特に、社員の健康を重要視しています。心身ともに健康であることが、企業の業績アップに直接繋がることになるからです。そこで、定期的な診断が不可欠となるのですが、それを社内の業務とすると負担は大きく、全員が確実に受診し結果を踏まえて対処しているかの管理はとても難しくなります。そこで、専門としている会社に代行を依頼することで社内の負担を増やすことなく確実に、そして適切なアフターフォローが得られることが、大きなメリットです。

社員の健康を維持する為に代行サービスの活用を

このように、社員が心身ともに健康かどうか確認する為に大切な健診、定期的に診断を受けることは、自分では気が付かない不調を発見し、早期に対処をする為にとても大切です。体の不調が続けば企業内の生産性も落ち、職場の雰囲気も良くありません。新たな人材も集まりにくくなるでしょう。社員皆さんの健康というのは、様々なところに影響があるのです。そこで全員に受診を勧めても、休日や仕事の都合でなかなか受けられない人もあり、予約やその変更、全員受けたかどうかの確認に時間がかかります。代行サービスを利用すれば、提携する多くの病院からWebから簡単に予約が可能な為、受診までのハードルが下がることやメールで受診のお知らせをしてくれるサービスもありますから、全員が診断を受け、そして健康への意識が高まることに繋がっていくことでしょう。